小児科はこんな所

私は、がん専門病院の小児病棟で働いています。
私は子供が好きなので、看護学校時代から、小児科で働く事を希望していました。
女性の場合、私のように、子供が好きだからという理由で、小児科で働く事を目標にしている看護師は,
とても沢山いるのではないでしょうか。
しかし、ほとんどの方が小児病棟に抱いているイメージというのは、子供と関わって、子供のケアをしながら楽しく仕事をする、
といった感じだと思います。
私も同じイメージを持っていました。

 

しかし、実際に小児病棟で働いてみると、そんなに甘いものではありません。
現実はとてもシビアです。
小児科の場合は、患者さんであるお子様よりも、ご家族との関わりがとても重要です。
病気の子供を持つご家族の心境というのは、とても複雑です。

 

子供というのは抵抗力が弱いので、高齢者に次いで小児がんが多いと言われています。
小児病棟には、白血病や脳腫瘍、長期入院して無菌室に入っての治療を行っている子供もいます。

 

そのようなお子供を持つご両親は、病気をなかなか受け入れる事ができなかったり、自分をせめてしまったりします。
がんの治療というのは苦痛を伴いますから、ご家族に取ってはとても辛い事です。

 

私達看護師は、そのようなご家族の為に、心のケアをしてあげる事も仕事の一つです。
時には心理士さんが治療計画に加わる場合もあります。

 

小児病棟では、私達スタッフもご家族も、みんなで本人を支えていく事がとても大切です。
とてもシビアでハードな職場なので、自分まで辛くなってしまい、それが表情にでてしまいそうになる時があります。
しかし、子供達を元気づけてあげる為にも、皆さんの前では明るく振る舞うように心がけています。